Excel をOneDriveに保存する方法を分かりやすく紹介!

Excel で作成したファイルを OneDrive に直接 保存 する方法について説明します。

Excelファイルの普通の作成した書類を「 保存 」する操作と同様に、ファイル」に「名前を付けて保存」を実行して、OneDriveに保存できます

それでは、具体的な操作手順を見てみましょう。

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。

OneDriveとは

OneDriveとは、マイクロソフトが2014年2月5日提供された新世代のネットワークストレージツールです。

文書や写真などをOneDriveに保存すると、自動的にバックアップできるため、デバイスを紛失しても、内部のデータが失われないです。その上、複数の人と共有でき、共同編集が可能になります。

操作手順

Excel を OneDrive に 保存 するには、以下のように操作します。

注意:OneDriveにファイルを保存するには、Microsoftアカウントが必要になります。

保存 したい表を用意して、「ファイル」をクリックします。

Excel をOneDriveに 保存 するには、以下のように操作します。

「名前を付けて 保存 」をクリックし、「OneDrive―個人用」を選択します。

「名前を付けて 保存 」をクリックし、「OneDrive―個人用」を選択します。

保存 場所を選択します。(ここで、「ドキュメント」を選択しました。)

保存 場所を選択します。(ここで、「ドキュメント」を選択しました。)

保存する場所を選択した後、ファイル名を入力します。

「 保存 」をクリックします。

まとめ

以上で、 Excel を OneDrive で 保存 する操作完了です。

操作が簡単で、参考にしてください。

Excel

Posted by admin