Microsoft 365 Business Standard の価格や購入方法!

2020年6月28日

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。

仕事でMicrosoft 365 が必要となる場合に、どのバージョンを購入すればいいのでしょうか?今回は、Microsoft 365シリーズ中の Microsoft 365 Business Standard (旧称 Office 365 Business Premium)の 価格 や購入方法を説明します。

Microsoft 365 Business Standard

Microsoft 365 Business Standard とは

Microsoft 365 Business Standardとは、Microsoft社が提供する月額/年額コースで契約して利用するサブスクリプション版の「一般法人向け」サービスですが。個人でも利用できます。

Word および Outlook での文章作成、Excel での情報の分析、PowerPoint でのプレゼンテーションの作成など、有名な高額ソフトウェア含まれております。

Microsoft 365 Business Standardを契約していれば 追加費用無しでアップグレードすることができます。

Microsoft 365 Business Standardの機能内容

Microsoft 365 Business Standardの機能内容見ていきましょう。

インストールできる台数

1 ユーザーで同時に 5 台の デバイス(Windows PC またはMac、タブレット、スマートフォン (Windows、iOS、Android) で利用できます。

Office mac 2016を使いたいならまだ買えるOffice Home and Business 2016 for Mac

Windows PC、Macといった多くのデバイスでOfficeを使用する方におすすめです。

利用できるアプリケーション

常に最新バージョンの Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access(WindowsPCのみ)、Publisher(WindowsPCのみ) を利用できますが。

利用できるユーザー数

Microsoft 365 Business Standardのユーザーが300名まで利用できますので家族でもユーザーとして登録すれば家族共有で使用することができます。

家族でOfficeを利用する方におすすめです。

利用できるサービス

Microsoft 365 Business Standardを購入するとExchange、SharePoint、Microsoft TeamsなどのOfficeサービスが使用できます。

また、オンラインストレージはバックアップや復元 機能 、稼働率99.9%保証も付いています。

会社ドメインのメールアドレスの設定とチームでのオンライン上でのコミュニケーションが必要方におすすめです。

Microsoft 365 Business Standardの購入 価格 について

最新版のOffice for Macを使いたい人におすすめの商品

Microsoft 365 Business Standardを購入すると、常に最新バージョンの Office アプリのWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneDrive for Businessを利用できます。

1ヶ月ごとの契約すると1,630円(税別)です。12ヶ月(1年間)契約すると16,320円(税別)。

1年間の契約なら 16% お得になります。そのため、Microsoft 365 Business Standardは年間契約の方がお得です。

また、Microsoft 365 Business Standardの購入を迷って、もっとお得に使いたいなら一ヶ月の無料試し版をお試しましょう。

Microsoft 365 Business Standardは一ヶ月の無料体験版がありますが、そのお試し版をインストールした後に、Microsoft 365 Business Standardのシリアルナンバーを入力するとお試し版の30日+365日となり、1年分の価格で395日使えることになります。

30日は365日の大体8%くらいにあたるので、8%程度お得に使えるという計算になります!一ヶ月の無料体験中、使いなくないなら解約してもいいです。

同時に利用するデバイス数が5台を超える場合はMicrosoft 365 Business Standardがおすすめです。

個人向けMicrosoft 365 Personal購入 価格 について

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。

Microsoft Office Home and Business 2019 |Win/Mac/|2台ダウンロード版

マイクロソフト
1ライセンスでWin/Macを問わず最大2台でご利用できる永続ライセンス。 Windows・mac向け Office 2019 版のWord/Excel/Outlook/PowerPointを搭載しており、すべての機能を最大限に活用したい方におすすめ。

Microsoft 365 Personalを購入すると、最新版のOffice アプリケーションが利用できる、Windows PC 、Mac 、タブレット、スマートフォンなどを使っているかに関係なく、Office をお使いいただくことができます。なお、台数無制限でインストールでき、同時に使えるのは5台までです。

Microsoft 365 Personalの 価格 は月額1,284円、年額12,984円(税込)です。

Microsoft 365 Personal 1 か月の無料試用をご利用すると、安く購入することができます。

Microsoft 365 Personal を月額1,180円、年額11,803円(税込)で利用する方法です。

1年間の契約なら 16% お得になります。そのため、Microsoft 365 Personalは年間契約の方がお得です。

同時に利用するデバイス数が5台まで場合はMicrosoft 365 Personalがおすすめです。

Microsoft 365 Personalについての詳細は下記の記事でご紹介しています。

ログイン方法

OSを選ぶなら、ビジネスで使いやすいのはWindows 10がおすすめです。

Microsoft 365 Business StandardをインストールあとにOfficeアプリを初めて使用するとライセンス認証のためサインインする必要があります。

サインアウトすると、一部のサブスクリプション 機能 が無くなる可能性が出て来ますのでサインインしたままにして設置しましょう。

下記の記事でMicrosoft 365のログイン方法をご紹介していますのでご参考ください。

システム要件

以下、Microsoft 365 Business Standardがインストールできる環境要件です。プランを買う前に必要なシステム要件を満たしているか確認してから購入しましょう。

コンポーネント要件
PCおよびプロセッサWindows:1 GHz 以上のx86 ビットまたはx64 ビットプロセッサ (SSE2 対応) macOS:Intelプロセッサ
メモリWindows:2GB RAM、1GB RAM(32ビット) macOS: 4GB RAM
ハード ディスクWindows:使用可能ディスク領域3.00GB macOS:使用可能ディスク領域6GBHFS+ハードディスクフォーマット
ディスプレイWindows:1024×768の画面解像度 macOS:1280×800の画面解像度
オペレーティング システムWindows 7 Service Pack 1、Windows 8.1、Windows 10、Windows 10 Server、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008 R2、またはWindows Server 2012

最後に

以上、Microsoft 365 PersonalとMicrosoft 365 Business Standardの購入方法や 価格 を比較して説明しました。

Microsoft 365 Personalを購入するなら、体験版1月使うと安いです。

Microsoft 365 Business Standardを購入なら、年間契約の方が16% お得になります。

Microsoft 365

Posted by admin