とにかく簡単! Microsoft Excel を 無料 で使用3つの方法

2021年12月24日

「 無料 で利用できるなら、わざわざ Excel を購入する必要はないのではない」と思う方もいるでしょう。Microsoft Excelと互換性のあるツールなら無料 でもファイルの作成や確認、編集することが可能です。この記事では、Microsoft Excelを完全に合法的に無料で使用する方法を紹介します。

Microsoft Excel とは


Microsoft Excel は、マイクロソフトが提供する、ワードやパワーポイントなどと同じ「Microsoft Office」に属する表計算ソフトです。成功を収めたMicrosoft Office生産性スイートの重要なコンポーネントとして、グローバル企業にとって非常に価値のあるツールになっています。

Microsoft Excel を 無料 で利用3つの方法

それでも 無料で利用したい方、以下の方法をオススメ!Excel 単体を購入、永続ライセンス版、サブスクリプション版、どっちでも年間1万円以上の費用がかかりますね。

方法①:Excel Online を利用する

これは、オンラインでOffice製品を利用できるMicrosoftのサービスです。Web経由で 無料 で、必要なのはネット環境とMicrosoftアカウントだけです。

Office.comでMicrosoftアカウントにログインすると、次の画面が表示されます。

Microsoft excel 無料 Online

ここの左側で、 Excel 、Word、PowerPointからOutlookやSkypeまでのオフェスアプリを選択できます。これらはすべて「Webアプリ」です。つまり、コンピューターにインストールされるのではなく、オンラインで使用するアプリケーションです。ここでファイルを操作すると、MicrosoftのクラウドストレージサービスであるOneDriveに保存されます。 

しかし、Excel Online では、保護されているBookを開けない、古いマクロが機能しないなど一部の機能制限があります。

方法②:モバイルのアプリを利用する

Microsoft の Officeモバイルアプリケーションは完全に 無料 で、最新のモバイルデバイスで利用できます。AndroidおよびiOS用の Microsoft Excel アプリをダウンロードできます。

Microsoftは当然のことながらOffice365サブスクリプション用にいくつかのプレミアム機能を予約していますが、モバイルアプリは依然として最高の機能を備えており、外出先で生産性を求めている場合に最適なオプションです。

Microsoft Excel 無料

方法③:Microsoft 365は1ヶ月無料で利用できる

Microsoft365には1ヶ月の無料試用期があります。もし「今すぐ Excel を試したい」という方は、Microsoft 365の 無料 体験版を利用してみましょう。Microsoft365の体験版を使うにはMicrosoftのアカウントが必要です。

Microsoft 365の無料体験版は、マイクロソフトの公式ページへアクセスし、登録してインストールが可能です。契約を継続せずに無料期間中に解約したい場合、費用は発生しません。そして、体験期間、Microsoftの提供したすべてのオフェスアプリを利用できます。

※ 無料版の最大のデメリットは、有料版ほど機能は充実していません。

まとめ

今回は、Microsoft Excel を完全に合法的 無料で使用する3つの方法を紹介しました。

Excel 単体を購入、永続ライセンス版、サブスクリプション版、どっちでも年間1万円以上の経費がかかりますので、できれば無料で利用したい方が多いですね。

しかし、Excel のすべての機能と他のオフェスアプリまで利用したい方に、やはり有料版をオススメします。

Excel

Posted by admin