知らなきゃ損!Microsoft Office を 無料 で入手できる3つの方法

「 Microsoft Office を 無料 で利用する方法がありますか?」私たちの何百万人もが、このソフトウェアスイートの1つ以上のアプリケーションを、職場、自宅でほぼ毎日使用していますね。

自宅でOffice(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Access、Publisherを含む)を使用している場合は、料金を支払う可能性が高くなります。Microsoft Office 365の価格は、年間12,984円からです。

ただし、少し工夫すれば、これらのコストをゼロまで削減できます。以下は、 Microsoft Office を 無料 で入手するいくつかの方法を紹介します。

Microsoft Office 2021 Pro plus|ダウンロード版|Windows|PC1台用|


マイクロソフト

価格: 13,000円
レビューを書いて500円OFF‼
ポイント: 625pt (5%)
送料無料!

Office.comをチェックする

Office.comから直接アクセスするすべての人がOfficeを 無料 で使用できます。

しかし、Office.com(Office Online)は、すべての編集コマンドとフォーマットコマンド、およびいくつかの追加機能がありますが、それ以上のものはありません。ただし、必要なのが基本だけである場合、これは試す価値のあるオプションです。

また、この無料バージョンのOfficeは、インターネットに接続している場合にのみ使用できます。したがって、Office.comでWord文書を開始した場合、インターネットに接続していないと、後でWord文書にアクセスできなくなります。

Microsoft Office を無料で利用

Microsoftアプリをダウンロードする

iPhoneまたはAndroidデバイスで利用できるMicrosoftの改良されたOfficeモバイルアプリを 無料 でダウンロードできます。

このアプリは、サインインしなくても無料で使用できます。ただし、Microsoftアカウントでサインインするか、サードパーティのストレージサービスに接続すると、ドキュメントにアクセスしてクラウドに保存できます。Office365またはMicrosoft365サブスクリプションも、現在のWord、Excel、およびPowerPointアプリの機能と一致する、さまざまなプレミアム機能のロックを解除します。

Office 365 Education(A1)に登録する

Microsoft365Educationには、3つのプランがあります。基本プランA1は、無制限の個人ユーザーに対して完全に無料です。学生と教職員は、Office 365 Educationを使用して、Microsoftソフトウェアスイートに無料でアクセスできます。

Microsoft 365 Educationを使い始めるために必要なのは、有効な学校の電子メールアドレスだけです。登録した後、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteなどののMicrosoft Officeサービスにアクセスできます。(以下のオフェスアプリとサービスを利用できます。)

※ 認められた教育機関のみが使用資格があります。ご注意ください。

 無料 で利用できるアプリ

無料 版のデメリットは

Microsoft Office 無料 版の最大のデメリットは、アプリの機能が制限されていることです。これらのアプリはWebブラウザーでのみ実行され、オンラインの場合にのみ使用できます。また、Microsoft365のフルバージョンよりも機能が少なくなっています。 

まとめ

いかがでしょうか。今回の記事では、 Microsoft Office を 無料 で使える3つの方法を紹介しました。

無料なので、一部の優れた機能が使えないです。すべての機能を使用して最新バージョンを試してみたい場合、Micorsoft Office の有料版をお勧めします。