Office 2019とOffice 2021の違い何ですか?どれを選択べき?

2021年11月10日

最新 Office 2021 は旧バージョンのOffice2019と比べると、どう変わりましたか?

Officeを買い替えると検討している方に、Office 2021とOffice 2019の違いをご説明します。

Office 2021はマイクロソフトOfficeの永続ライセンスの最新バージョンとして、米Microsoftより今年10月5日に発売しました。

Office 2021はOffice 2019から約3年ぶりですが、この3年間でどのような変化がありましたか見ていきましょう。

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。

Office 2021 とOffice 2019の違い

 Office 2021 とOffice 2019の違い

Windows10・11対応

Windows版Office2019はWindows 10.11対応で、Windows 8もWindows 7もサポートされません 。

Office 2021もWindows10、11対応です 。

Office 2021のサポート期間

Office 2019では延長サポートがOffice 2016より約2年に短縮され、合計約7年になります 。

Office 2021は従来の永続ライセンスよりサポート期間が短縮されていて、5年のみです。Office 2021は2021年後半より発売されており、2026年後半にはサポートが終了してしまいます 。

Office アプリによる違い

Office2019ではWord 、Excel、PowerPoint 、Outlook 、Access 、Publisher、Project、Visioの8種類のOfficeアプリが提供されますが、このうちAccess 、Publisher、Project、VisioはWindowsのみに含まれます。

Office 2021はWord、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher、Project、Visioが提供されます。それ以外、OneNoteが含まれ、32bitと64bitの両方をサポートします。

新機能の追加

Office2021で、多くの新機能が追加され、操作性が強化されました。

Word 2021(for windows)では、コンテンツを作成できます。また、Office プレミアム クリエイティブ コンテンツ コレクションの新しいストック メディアや、消しゴム 、ルーラー、なげなわなどの新しい [描画] タブが追加されます。 

Excel 2021(for windows) では、動的な配列、XLOOKUP、LET 関数などの新しい Excel 機能を使用して、データを簡単に分析することができます。

PowerPoint 2021(for windows)では、コンテンツを作成できて、インク リプレイ、スライド ショーの記録の改善、Office プレミアム クリエイティブ コンテンツ コレクションの新しいストック メディア、消しゴム、ルーラー、なげなわなどの新しい [描画] タブの追加などの機能を追加されました。

Outlook 2021(for windows)では、「先頭から検索」や「翻訳」などの新機能が追加され、受信箱を管理しやすくなりました。

価格が変更あるのか?

Office 2021の価格の変更はないと予定され、Office 2019と同じ価格で最新Office2021を使うことができます。

Office Personal 20193万2784円
Office Home & Business 20193万8284円

まとめ

以上で、Office 2021とOffice 2019の違いをご説明しました。

最新Office 2021を購入するか、旧バージョンのOffice 2019を続いて利用するか迷っている方の助けになれば幸いです。

未分類

Posted by admin