無料 Office Online &有料Officeの違いが驚くほど良くわかる!

2020年6月29日

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。

無料 で使える「 Office Online 」と 有料 で使える Office 搭載パソコンの「プレインストール製品」、買い切り版である「Office 2019」、月額/年額支払い利用であるサブスクリプション版の「Office 365」の各種類の違いについて当記事で詳しく紹介をしています。

タダ Office Online および有料Office

無料 Office Online

Office Onlineとはマイクロソフトが提供するWeb上で使えるOfficeです。利用は 無料 けど、Microsoftアカウントの登録と、インターネットが必要です。

Office mac 2016を使いたいならまだ買えるOffice Home and Business 2016 for Mac

有料 officeの機能と比べて機能が一部制限されています。Office Onlineで利用できないことは下記の表をご参考ください。

アプリケーション名 Office Onlineで利用できないこと
Word • 「データの入力規則」を新規で設定
• 一部の関数は、インストール版のExcelと動作が異なます。
• マクロの作成、実行、編集
• パスワード保護されているブックは表示できません。
Excel • ハイパーリンクのリンク先は編集できません。
• 図形やテキストボックスの追加
• マクロの記録・実行
• パスワードで暗号化されたドキュメントを開くことはできません。
PowerPoint • オーディオの追加
• フッター、ヘッダー、日付/時刻、段落番号を編集する
• スライドマスターを編集する
• グラフの追加
• 画像の圧縮

無料 office の利用に一部制限があるので、機能の制限なく使えたい場合 有料 のofficeを選ぶようにしましょう。

Office搭載パソコン「プレインストール製品」

最新版のOffice for Macを使いたい人におすすめの商品

プレインストール製品は購入するPCにインストールされている。パソコン価格に含まれているから、一番大きな特徴は、値段が安いということです。だけど購入したそのPCにしかインストールできない。

Office搭載パソコンが壊れて、新しいパソコンを買い替えると別のパソコンにOffice を移行することはできないので、また1回限りのコストを考えて仮にパソコンが壊れても、別のパソコンにインストールして使い続けたいならOffice 2019を選択しましょう。

買い切り版である「Office 2019」

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。

Microsoft Office Home and Business 2019 |Win/Mac/|2台ダウンロード版

マイクロソフト
1ライセンスでWin/Macを問わず最大2台でご利用できる永続ライセンス。 Windows・mac向け Office 2019 版のWord/Excel/Outlook/PowerPointを搭載しており、すべての機能を最大限に活用したい方におすすめ。

Office 2019は最新バージョンの「買い切り」版で、個人(家庭)向け、個人(家庭)とビジネス(法人)向け、ボリュームライセンス(大企業向け)、学生/教職員向け(アカデミック版)4つの対象の製品があり、販売形態はカードタイプのPOSA版とダウンロード版です。一度を購入してPCにインストールすれば更新費用などは発生しないで、サポート期限が切れるまでずっと何年でも使えます。

Office 2019はアップグレード オプションがありませんから、常に最新のOfficeが使えたいならOffice 365 を選びましょう。

サブスクリプション版「Office 365」

OSを選ぶなら、ビジネスで使いやすいのはWindows 10がおすすめです。

Office 365 は、 いつでも解約ができるMicrosoft からずっと最新ツールを常にご提供するサブスクリプション サービスです。 家庭や個人で使用するだけでなく、中小企業、大企業、学校、および非営利団体向けの Office 365 プランがあります。インストール台数は無制限、同時利用は5台まで Windows PC、Mac、Android、iOSで利用可能です。

有料 Office の各製品の価格/機能の比較表

有料 officeの各製品に含まれるOfficeアプリケーションに違いがありますので、個人向けの製品を表にして比較してみましょう。

有料 Officeの各製品の価格/機能の比較表

office搭載PCOffice 2019Office 365
Office製品Office Personal 2019 Office Personal 2019Office 365 Solo
コスト1回限り1回限り1か月 /1年間
使用年数 PC壊れまでサポート期限が終了まで契約が切れるまで
使用台数搭載PC1台2台制限なし
同時利用は5台
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
Publisher
Access
Office価格¥19000¥32,184¥1,284/¥12,984

Office Online

Posted by admin