OneDrive と OneDrive for Business の 違い は何ですか?

2021年12月25日

「OneDrive と OneDrive for Business の 違い って何ですか?」Windows 10のサービスであり、OneDrive と OneDrive for Businessは名前が似ていますが、同じものではありません。本記事では、両方の安全なファイル共有、特徴など 違い について説明します。

Microsoft Office 2021 Pro plus|ダウンロード版|Windows|PC1台用|


マイクロソフト

価格: 13,000円
レビューを書いて500円OFF‼
ポイント: 625pt (5%)
送料無料!

OneDrive とは

OneDrive と OneDrive for Business の 違い

OneDrive は、マイクロソフトのデフォルトのファイル保存オプションです。ファイルを安全に保存し、インタネットがあれば、任意のデバイスからアクセスできます。

ほとんどのOneDriveユーザーは、MicrosoftOfficeと1TBのOneDriveストレージスペースを含むMicrosoft 365サブスクリプションの一部としてアクセスできます。ただし、5GBの容量を持つ無料のOneDriveアカウントを取得することもできます。 

OneDrive for Business とは?

OneDrive for BusinessはOffice365の一部であり、組織(チーム)向けに設計され、ビジネスを目的としたオンラインストレージです。概念はOneDrive と近いですが、サービスを提供するために使用されるプラットフォームにあります。

これにより、企業は中央の場所から管理できる個人用ストレージスペースを従業員に提供できます。組織内のサイトコレクション管理者は、ライブラリで実行できることを制御します。

OneDrive と OneDrive for Business のメリットは?

OneDrive を利用するメリット

  • OneDriveはほとんどのデバイスにインストールできます。
  • Officeから直接ファイルを自動的に開いてOneDriveに保存します。
  • Officeファイルの以前のバージョンを表示、ダウンロード、または復元します。
  • Officeファイル、画像、またはビデオを取得して、別の場所に埋め込むことができるHTMLコードを生成します。

OneDrive for Businessを利用するメリット

  • SharePointとOneDrive for Businessは、世界中の何百万の組織で利用されている成熟したコラボレーションプラットフォームです。
  • バージョン管理、コンテンツ承認、ワークフロー、ドキュメントテンプレートなどをより細かく制御ができます。
  • また、アプリを介してほぼすべてのデバイスで利用できます。ただし、これらのアプリのいくつかの欠点は、動作するためにOffice365ログインが必要なことです。

ファイル共有とセキュリティの違い

OneDriveを使用すると、ドキュメントにアクセス許可を付与するか、アクセス許可付きのリンクを生成するか、電子メールアドレスを介してドキュメントを共有することで、ファイルを簡単に共有できます。

OneDrive for Businessでは、ファイルを共有するユーザーは、プラットフォーム内の同じ組織のメンバーであるか、フェデレーションサービスを介して組織に接続している必要があります。これは、ファイルを共有するために各ユーザーの電子メールを知る必要がないことを意味します。

そして、OneDrive for Businessでは、アクセス許可レベルをカスタマイズすることもできます。OneDriveには、「編集」または「読み取り」のみが付属しています。

特徴の 違い

OneDrive とOneDrive For Business の一部の特徴の違いは以下の通りです。

 OneDriveOneDrive for Business
ブラウザでOfficeドキュメントを作成/編集する
Officeデスクトップとの組み込み統合
Officeドキュメントとのリアルタイムの共同編集
バージョンの基本的な自動作成と回復
バージョニングの管理×
多要素認証のサポート
監査と報告×
コンテンツにビューを作成(保存されたビュー、フィルターなど)×
組み込みの標準への準拠×
SSO / ADFS /ディレクトリ同期のサポート×
ストレージ5GBユーザーあたり1TB

価格

OneDrive とOneDrive For Businessの公式サイト上の価格です。

 OneDrive Basic 5 GB  OneDrive Standalone 100 GB  OneDrive for Business (Plan 1)  OneDrive for Business (Plan 2)  
価格無料¥224/月¥540ユーザー/月相当 ¥1,090ユーザー/月相当
含まれるサービスOneDriveOneDriveOneDriveOneDrive
オフェスアプリなしなしなしなし

まとめ

いかがでしょうか。本記事では、を含まれた OneDrive と OneDrive for Business の 違い について紹介しました。

上記を要約すると、OneDriveは個人用ストレージに最適であり、いつでもどこでも簡単、安全、速くにアクセスできます。OneDrive for BusinessをSharePointと併用すると、さまざまなデバイス間でデータを同期し、企業アクセスを提供し、ファイルを共同作成し、ユーザーが自宅や外出先で作業できるようにします。

実際のニーズに合わせて選択してください。