Outlook (アウトルック)を一番安い価格で購入する方法とは?

2020年7月15日

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。

Outlook(アウトルック)を使うにはどれを買えばいいのか? Outlook 2019単体で購入するか、Outlook/Excel/WordなどのソフトをセットにしたOffice 2019を購入するか。この記事では、Outlook(アウトルック)の 価格 や 購入 方法について紹介していきます。

Outlook 価格

Outlookの主な 購入 方法

Outlookを 購入 するなら、Outlook 2019とMicrosoft 365 Personal(旧Office 365 solo)があります。

Outlook 2019の 購入 がおすすめですが、Windows10だけ対応です。(Windows7ユーザーなど)Windows8.1以前のユーザーは、Microsoft 365 Personal(旧Office 365 solo)を買いましょう。

以下は、Outlookの主な 購入 方法3つの比較表です。

Outlook 2019Office Home & Business 2019Microsoft 365 Personal
ライセンス永続ライセンス
(買い切り版)
永続ライセンス
(買い切り版)
サブスクリプション版
(年間契約・月間契約)
アプリケーションOutlookのみWord
Excel
PowerPoint
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher
Access
インストール台数2台
Windows10/Mac
2台
Windows10/Mac
インストール数 無制限
(同時利用5台まで)
Windows/Mac
価格 (税込)15,984円38,284円12,984円(年間契約)
備考サポートが2025年10月14日までWindows10サポートが2025年10月14日までWindows10常に最新版が使える
Windows7 / Windows8.1に対応

Outlook 2019

Outlook 2019単体ソフトだけを使いたいという方向けの製品です。Outlookソフトだけを 購入 したい場合にはオススメします。

Microsoft公式サイトから15,984円で 購入 できます。1ライセンスが2台の Windows/ mac にインストールすることが可能です。

Office Home and Business 2019

Office mac 2016を使いたいならまだ買えるOffice Home and Business 2016 for Mac

 Office Home and Business 2019を 購入 するとWindows10/ mac 2台で家族やビジネスに必要なWord、Excel 、Outlook、PowerPointを永久に使える。公式サイトの価格は、38,284円ですが、ECサイトで買うと1,4600円です。

Outlook (Microsoft Office)を一番安い価格で 購入 方法はECサイトでOffice Home and Business 2019を入手する方法です。

Microsoft 365 Personal(旧Office365 solo)

Microsoft365 Personal(旧Office 365 Solo)は、マイクロソフトから提供しているサブスクリプション型のサービスです。年間13000円ほど。常にOfficeアプリケーションの最新版を使うことができます。

Outlookのみなら、もったいないですが、他のWord、PowerPoint、Accessなどの利用も考えている人にはおすすめです。また、3台以上のパソコンを持っている場合もおすすめです。

また、Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)は、Windows7 や Windows8.1ユーザーでも使う事が可能です。

(Windows10ユーザー向け)Outlookの利用

Excel 、Word、OutlookをセットにしたOffice Personal 2019

Windows10専用で、PowerPointがないのセット製品です。PowerPointが必要ないで、Office製品を使いたい方にはおすすめのセット製品です。価格は32,184円です。

最新版のOffice for Macを使いたい人におすすめの商品

Outlook 2019のみを 購入 する価格より高いですが、Word 2019、Excel 2019も含まれています。

Word 2019、Excel 2019を単独で 購入 すると3万円以上するから、Outlook 2019とまとめてOffice Personal 2019を購入すれば15000円ほど安くなり断然お得!

1ライセンスが2台のWindows10にインストールすることが可能です。

(学生・教職員向け)Outlookの利用

学生・教職員の方は、安くOutlookを利用が可能ですが。商用利用はできません。

(Windows)Office Professional Academic 2019

Windows専用で、Outlookも使うことができ、「Word 、Excel 、PowerPoint 、 Outlook 、Publisher 、Access」が使えます。

AmazonのPrime Student会員であればOffice Professional Academic 2019のオンラインコード版を半額以下29,235円で 購入 することができます。この買い方が最もお得です。

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。

Microsoft Office Home and Business 2019 |Win/Mac/|2台ダウンロード版

マイクロソフト
1ライセンスでWin/Macを問わず最大2台でご利用できる永続ライセンス。 Windows・mac向け Office 2019 版のWord/Excel/Outlook/PowerPointを搭載しており、すべての機能を最大限に活用したい方におすすめ。

教職員の場合、Amazonでは割引が適用にならないので注意しましょう。

店頭のみで買えるPOSAカード版を 購入 できます。POSAカードの 購入 時には学生証や教職員証が必要です。

Office Professional Academic 2019のビックカメラで 購入 する価格は30,022円(2020/03/22 時点)10%のビックカメラの3,022ポイントが付きます。

ビックポイントカードをお持ちなら、Office Professional Academic 2019をビックカメラで 購入 するをオススメします。

(Mac)Office Academic 2019 for Mac

Mac専用で、Outlookも入っており、「Word 、Excel 、PowerPoint 、Outlook」が使えます。

AmazonのPrime Student会員であればOffice Professional Academic 2019のオンラインコード版を半額以下17,013円で 購入 することができます。この買い方が最も安いです。

Outlook の 価格 比較(5年間にかかる費用)

OSを選ぶなら、ビジネスで使いやすいのはWindows 10がおすすめです。

永続ライセンス版のサポート期限が2025年までの5年間の価格比較してみましょう。

Outlookのみ使うなら断然Outlook 2019単体で 購入 するのが一番安いので、おすすめです。

Outlookを含むOffice製品価格(5年分)
Outlook 201915,984円
Office Academic 2019 for Mac17,013円
Office Home and Student 2019 for Mac25,704円
Office Professional Academic 201929,235円
Office Personal 201932,184円
Office Home & Business 201938,284円
Microsoft365 Personal(旧Office365 solo)(年間12,984円)64,920円

ダウンロード版、POSAカード版の違いは?

ダウンロード版( プロダクトキー )を 購入 すると、安くて直ぐににインストールできますのですぐ使いたい方におすすめします。

POSAカード版 とはカードにプロダクトキーが記載されている物です。物として残したい方のためにはPOSAカード版がおすすめです。

ダウンロード版、POSAカード版の違いの詳細は下記の記事でご紹介しています。

まとめ

以上、Outlookの価格 や安く購入する方法を説明ました。ご自分の利用状況を確認して、より安い価格でOutlookを購入しましょう。

Outlook

Posted by admin