Outlook (アウトルック)を一番安い価格で購入する方法とは?

2021年7月26日

Outlook(アウトルック)を使うにはどれを買えばいいのか? Outlook 2019単体で購入するか、Outlook/Excel/WordなどのソフトをセットにしたOffice 2019を購入するか。この記事では、Outlook(アウトルック)の 価格 や 購入 方法について紹介していきます。

Outlook 価格

Outlook の主な 購入 方法

Outlookを 購入 するなら、Outlook 2019とMicrosoft 365 Personal(旧Office 365 solo)があります。

Outlook 2019の 購入 がおすすめですが、Windows10だけ対応です。(Windows7ユーザーなど)Windows8.1以前のユーザーは、Microsoft 365 Personal(旧Office 365 solo)を買いましょう。

以下は、Outlookの主な 購入 方法3つの比較表です。

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。
Outlook 2019Office Home & Business 2019Microsoft 365 Personal
ライセンス永続ライセンス
(買い切り版)
永続ライセンス
(買い切り版)
サブスクリプション版
(年間契約・月間契約)
アプリケーションOutlookのみWord
Excel
PowerPoint
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher
Access
インストール台数2台
Windows10/Mac
2台
Windows10/Mac
インストール数 無制限
(同時利用5台まで)
Windows/Mac
価格 (税込)15,984円38,284円12,984円(年間契約)
備考サポートが2025年10月14日までWindows10サポートが2025年10月14日までWindows10常に最新版が使える
Windows7 / Windows8.1に対応

Outlook 2019

Outlook 2019単体ソフトだけを使いたいという方向けの製品です。Outlookソフトだけを 購入 したい場合にはオススメします。

Microsoft公式サイトから15,984円で 購入 できます。1ライセンスが2台の Windows/ mac にインストールすることが可能です。

Office Home and Business 2019

 Office Home and Business 2019を 購入 するとWindows10/ mac 2台で家族やビジネスに必要なWord、Excel 、Outlook、PowerPointを永久に使える。公式サイトの価格は、38,284円ですが、ECサイトで買うと1,4600円です。

Outlook (Microsoft Office)を一番安い価格で 購入 方法はECサイトでOffice Home and Business 2019を入手する方法です。

Microsoft 365 Personal(旧Office365 solo)

Microsoft365 Personal(旧Office 365 Solo)は、マイクロソフトから提供しているサブスクリプション型のサービスです。年間13000円ほど。常にOfficeアプリケーションの最新版を使うことができます。

Outlookのみなら、もったいないですが、他のWord、PowerPoint、Accessなどの利用も考えている人にはおすすめです。また、3台以上のパソコンを持っている場合もおすすめです。

また、Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)は、Windows7 や Windows8.1ユーザーでも使う事が可能です。

(Windows10ユーザー向け)Outlookの利用

Excel 、Word、Outlook をセットにしたOffice Personal 2019

Windows10専用で、PowerPointがないのセット製品です。PowerPointが必要ないで、Office製品を使いたい方にはおすすめのセット製品です。価格は32,184円です。

Outlook 2019のみを 購入 する価格より高いですが、Word 2019、Excel 2019も含まれています。

Word 2019、Excel 2019を単独で 購入 すると3万円以上するから、Outlook 2019とまとめてOffice Personal 2019を購入すれば15000円ほど安くなり断然お得!

1ライセンスが2台のWindows10にインストールすることが可能です。

(学生・教職員向け) Outlook の利用

学生・教職員の方は、安くOutlookを利用が可能ですが。商用利用はできません。

(Windows)Office Professional Academic 2019

Windows専用で、Outlookも使うことができ、「Word 、Excel 、PowerPoint 、 Outlook 、Publisher 、Access」が使えます。

AmazonのPrime Student会員であればOffice Professional Academic 2019のオンラインコード版を半額以下29,235円で 購入 することができます。この買い方が最もお得です。

教職員の場合、Amazonでは割引が適用にならないので注意しましょう。

店頭のみで買えるPOSAカード版を 購入 できます。POSAカードの 購入 時には学生証や教職員証が必要です。

Office Professional Academic 2019のビックカメラで 購入 する価格は30,022円(2020/03/22 時点)10%のビックカメラの3,022ポイントが付きます。

ビックポイントカードをお持ちなら、Office Professional Academic 2019をビックカメラで 購入 するをオススメします。

最新版のOffice for Macを使いたい人におすすめの商品

(Mac)Office Academic 2019 for Mac

Mac専用で、Outlookも入っており、「Word 、Excel 、PowerPoint 、Outlook」が使えます。

AmazonのPrime Student会員であればOffice Professional Academic 2019のオンラインコード版を半額以下17,013円で 購入 することができます。この買い方が最も安いです。

Outlook の 価格 比較(5年間にかかる費用)

永続ライセンス版のサポート期限が2025年までの5年間の価格比較してみましょう。

Outlookのみ使うなら断然Outlook 2019単体で 購入 するのが一番安いので、おすすめです。

Outlookを含むOffice製品価格(5年分)
Outlook 201915,984円
Office Academic 2019 for Mac17,013円
Office Home and Student 2019 for Mac25,704円
Office Professional Academic 201929,235円
Office Personal 201932,184円
Office Home & Business 201938,284円
Microsoft365 Personal(旧Office365 solo)(年間12,984円)64,920円

ダウンロード版、POSAカード版の違いは?

ダウンロード版( プロダクトキー )を 購入 すると、安くて直ぐににインストールできますのですぐ使いたい方におすすめします。

POSAカード版 とはカードにプロダクトキーが記載されている物です。物として残したい方のためにはPOSAカード版がおすすめです。

ダウンロード版、POSAカード版の違いの詳細は下記の記事でご紹介しています。

まとめ

以上、Outlookの価格 や安く購入する方法を説明ました。ご自分の利用状況を確認して、より安い価格でOutlookを購入しましょう。

Outlook

Posted by admin