Microsoft 365 とは?基礎情報と購入・価格について

2021年12月14日

「 Microsoft 365 とは、どんなものですか?」企業が必要とする生産性ツールを提供する Microsoft 365 の説明記事です。このガイドでは、 Microsoft 365 の利用可能なOfficeアプリケーション、システム要件、価格など、Microsoft365に関する重要な詳細について説明します。

最新版のOffice for Macを使いたい人におすすめの商品

Microsoft 365 とは?

Microsoft 365は、現代の企業で仕事をするために必要な基本的な生産性アプリケーションをユーザーに提供するサブスクリプションサービスです。

Microsoft365には、Word、Excel 、PowerPoint を含むすべてのオフェスアプリケーションの最新バージョンを利用できます。Microsoft 365のクラウドベースの構造により、生産性アプリケーションのスイートは絶えず更新および改善されています。

Office 365との関係は?

2020年4月21日の時点で、Microsoftは生産性スイートの名前をOffice365からMicrosoft365に正式に変更しました。それ以降、請求、マーケティング、およびアラートにはMicrosoft365のブランドが反映されます。

Microsoft 365 の内容について

契約式

Microsoft 365は買い切り型の永続ライセンスと違い、サブスクリプション(月額/年額払い)型で提供します。

利用できるアプリケーション・サービス

  • Word
  • Excel PowerPoint
  • Outlook
  • Access
  • Publisher
  • Teams
  • SharePoint

などほぼすべてのオフィスアプリケーション・サービスが含まれています。

もちろん、バージョンによって、付属のオフィスアプリ・サービスも異なります。

 Microsoft 365 が含まれるオフェスアプリ

対応OS

Windows PC

Windows 7、Windows 8、Windows 10

Macの場合

macOS の最新の 3 つのバージョンのいずれかが必要です。

システム要件

CPU1GHz以上
メモリ2 GB RAM
ハードディスク3 GBの空き容量(Macの場合は6 GB)
画面解像度 1280 X800
接続性インターネット接続

Microsoft 365 が重要なのはなぜか?

コラボレーションとコミュニケーションは現代の企業の生産性の重要な要素であり、生産性は企業の生命線です。Microsoft 365は、企業内の各個人にコラボレーションとコミュニケーション、生産性をもたらすために必要なツールを提供します。多くの企業にとって、Microsoft365は生産性ソフトウェアの事実上の標準です。

Microsoft 365 の価格について

家庭/個人向けのMicrosoft 365 Personal

  • 公式サイト 12,984円 ( 1ヶ月 1,284円)
  • Amazon 11,682円

個人用のMicrosoft 365 Personal を購入なら、年間契約をお勧めします!月額契約より、4,992円安くなります。

もっと安い価格で購入したい場合は、公式サイト以外のAmazon などをお勧めし!年間契約は公式サイトより1,302円安くなりますね。

一般法人向けのMicrosoft 365BusinessBasic、Standard、Premiumと大企業向けのMicrosoft365E3、E5、F3があります。

一般法人向けの価格は以下の通りです。

まとめ

今回の記事では、 Microsoft 365 の利用可能なOfficeアプリケーション、システム要件、価格など、Microsoft 365 に関する重要な情報について紹介しました。

Microsoft365についてもっと知りたい方、参考にしてください。

Microsoft 365

Posted by admin