PowerPoint 2019 と2016の違いで絶対に知っておくべき5つのこと

Microsoft Office 2019とMicrosoft Office 2016の対応OS、サポート期間など変更していますが。今回は、Microsoft Office 2019の PowerPoint 2019 に追加された新 機能 について紹介します。

PowerPointアプリはMicrosoft Officeが提供しているプレゼンテーションソフトであり、新しいバージョンの提供により新しい機能が追加されて、機能面で強化されています。

では、今回のOffice 2016からOffice 2019のバージョンアップで PowerPoint 2019にどのような新機能が追加されたのかを見てみましょう。

PowerPoint 2019

PowerPoint の画面切り替え効果 の 機能 が強化

[変形]の画面切り替え効果を効果的に使用するには、スライドを 2 枚用意し、2 枚に少なくとも 1 つの共通のオブジェクトがある必要があります。


最も簡単な方法は、スライドを複製して、2 枚目のスライド上でオブジェクトを異なる場所に移動するか、または 1 枚目のスライドからオブジェクトをコピーして 2 枚目のスライドに貼り付けることです。

その後、[変形] の画面切り替え効果を 2 枚目のスライドに適用すると、アニメーションが自動的に始まったりオブジェクトが移動したりなどの [変形] の効果を確認できます。

以下は操作方法になります。

1、左側のサムネイル ウィンドウで、画面切り替え効果を適用するスライドをクリックします。これは、[変形] を適用するオブジェクト、画像、またはテキストを追加した 2 枚目のスライドになります。

2、[画面切り替え] タブの [変形] を選びます。

PowerPoint 2019

3、[画面切り替え]、[効果のオプション] の順に選択して、[変形] の効果のタイプを選びます。

スライド上でオブジェクトを移動させたり、色の変更やテキストの移動なども可能です。

4、[プレビュー] をクリックして、[変形] の画面切り替え効果の動作を確認します。

PowerPoint のズーム 機能 が追加

プレゼンテーションをよりダイナミックなものにし、その中でカスタム ナビゲーションを可能にするには、PowerPoint のズームを使用してみましょう。

PowerPoint 2019

ズームを追加するには、[挿入>ズーム] に移動します。

1つのスライドのプレゼンテーション全体を集計するには、[サマリーズーム] を選択します。

選択したスライドのみを表示するには、[スライドズーム] を選択します。

1つのセクションのみを表示するには、[セクションズーム] を選択します

テキスト用蛍光ペンの 機能 がさらに強化

PowerPoint 2019 でテキストを強調表示すると、サブスクライバーは黄色のテキストや別の蛍光ペンの色をマークすることができます。

機能

1、蛍光ペンを設定するテキストを選択します。

2、[ホーム] タブで、[蛍光ペンの色 PowerPoint で [入力したテキストの強調表示] アイコンを表示する の横にある矢印を選択します。

3、色を選択します。 選択したテキストは、選択した色で強調表示されます。

複数の連続していないテキストを強調表示する

1、スライド上のテキストが選択されていない状態で、[ホーム] タブの [蛍光ペンの色 PowerPoint で [入力したテキストの強調表示] アイコンを表示する の横にある矢印を選択します。
色を選び、スライドのテキスト領域にマウス ポインターを動かします。

2、マウスポインターが蛍光ペンに変わります。 [蛍光ペン ポインター] アイコン .

3、蛍光ペンを設定するテキストを選択します。

4、強調表示されたら、キーボードの Esc キーを押して蛍光ペンをオフにします。

テキストの蛍光ペンを解除するには

1、蛍光ペンで強調されたテキストを選択します。

2、[ホーム] タブで、[蛍光ペンの色 PowerPoint で [入力したテキストの強調表示] アイコンを表示する の横にある矢印を選択し、[色なし] をクリックします。

ローカルファイルからの3D オブジェクトの追加

Windows と macOS の場合、Word、Excel、PowerPoint、および Outlook では、ドキュメント、ブック、またはプレゼンテーションに3D モデルを直接挿入して要点を示しています。 モデルを 360 度回転させたり、上下に傾けてオブジェクトの特定の機能を表示したりすることができます。

PowerPoint 2019

3D モデル ビュー ギャラリーは、画像の中で使用できるプリセット ビューのコレクションです。 たとえば、アドオンビューまたはトップダウンビューをすばやく選ぶことができます。

PowerPoint 2019

図の背景の削除 機能 の追加

図から背景を削除して、件名を強調表示したり、煩雑な部分を削除したりすることができます。

元の図

同じ図の背景を削除したもの

1、背景を削除する図を選びます。

2、[図の書式設定>背景の削除] または [背景の書式設定>削除] を選択します。
[背景の削除] が表示されない場合は、画像を選んでいることを確認してください。 必要に応じて図をダブルクリックして選び、[書式] タブを開きます。 

3、既定の背景領域は、削除を示すためにマゼンタで色づけされ、前景はその本来の色を保持します。

4、既定の領域が正しくない場合は、[図ツール>背景の削除] に移動して、次のいずれか、または両方の操作を行います。

  • 残しておく必要がある図の一部がマゼンタ (削除のマークあり) である場合は、[保持する領域としてマーク] を選択し、自由形式の図面の鉛筆 表を描くための鉛筆 を使って、保持する図の領域をマークします。
  • 図の部分をさらに削除するには、[削除する領域としてマーク] を選択し、鉛筆 表を描くための鉛筆 の描画を使用して、それらの領域をマークします。

5、完了したら、[変更を保持] または [すべての変更を破棄] を選択します。
後で使用するために別のファイルに画像を保存するには、画像を右クリックし、[図として保存] を選択します。

最後に

PowerPoint 2019で追加された新機能についてまとめました。

以上の 機能 は永続ライセンスのPowerPoint 2016では追加されていません。Office 365ではすでに追加されています。

PowerPoint 2019を利用したい方はこちらへ

PowerPoint

Posted by admin