Word 2021 の 価格 は?Word365との違いは?

「 Word 2021 単品の 価格 は?」「Word365と比べて、どっちがお得?」サブスクリプションのWord365ではなくて、Word 2021などの特定のマイクロソフトオフェスアプリケーションを1回購入することを好んでいる人もいますね。

この記事では、Word 2021 の 価格 とサブスクリプションサービスのバージョンとどのように異なるかを見てみましょう。

Microsoft Office 2021 Pro plus|ダウンロード版|Windows|PC1台用|


マイクロソフト

価格: 13,000円
レビューを書いて500円OFF‼
ポイント: 625pt (5%)
送料無料!

Word 2021 とWord365の比較

Word 2021

今年、マイクロソフトはOffice 2021をリリースして、そのシリーズの製品も次々と出てきます。Word 2021 は、Office2021の一部であり、1回限りの購入として販売されます。

Word 365は、Microsoft365の一部であり、サブスクリプションサービスです。常に最新版を使えるのが特徴です。

また、Word 2021 では、共同編集、Office プレミアム クリエイティブ コンテンツ コレクションの新しいストック メディアや、消しゴム (ポイント)、ルーラー、なげなわなどの新機能が追加されました。

Word 2021 とWord 365の違いを要約すると、以下の通りです。

 Word 2021Word 365
契約式一括払いサブスクリプション
常に最新機能を使える×
インストール2台5台
追加のオンライン ストレージ×

Word 2021 のメリットとデメリット

メリット

① プログラムを無期限に使用できる永久ライセンスは、そのメリットの一つです。

② Word 2021は1回限りの購入ですので、追加費用が発生しません。

③ オフラインとなる環境下でも利用できます。

④ Word 2021はクラウドに接続していないため、機密データを扱う組織によく使われます。

デメリット

① Word 2021は機能の更新を受け取らないため、Word に追加された新機能を優先体験できません。それも、Office 2021としての最大の「デメリット」とも言われています。

② 1回限りの支払いは高額になる可能性があります。

Word2021の価格はいくら?

公式サイト1,7940円
Amazon1,4652円
楽天1,9760円

マイクロソフト公式サイトで、Word 2021だけの値段は1,7904です。購入する場合は、Amazonから購入するほうがお得です。

※Word 2021は長く使っても初期費用だけで済むが、Word 365は長く使えば使うだけ累計の利用料金が大きくなりますので、長期間使用したい場合は、Word 2021をお勧めします。

まとめ

いかがでしょうか。本記は、Word 2021 の 価格 とサブスクリプションサービスであるWord365の比較を紹介しました。

もちろん、どの製品に長所と短所がありますよね。どっちを買うべきですか?それはもちろんお客さんの実際の要求に依存しています。

Word 2021 を長期使いたい、安定性を求める方にオススメします。それ以外の場合は、Word365をオススメします。

Word

Posted by admin