Word(ワード) : 目次 の作り方と更新/削除する方法

2021年10月16日

レポートや小論文など目次を作成することで悩んでいませんか? Word(ワード) では 目次 を自動/手動的に作成する機能が付属していますから、簡単に作成できますよ。本記事では、 Word(ワード) で 目次 の作成・作成した 目次 を更新/削除する方法について紹介します。

では、操作手順を見てみましょう。

ワード で 目次 を作成する

ワード で 目次 を作成するには、自動と手動2つに分けられます。手順は次のとおりです。

自動的に作成する

「スタイル」から設定する

ワード で 目次 を自動的に作成するには、見出しのスタイル設定が必要です。すべての見出しにスタイルを設定したら、目次は簡単に作成できます。

まずは、文章を用意します。

見出しにしたい行をクリックし、文字カーソルを入れます。ここで「大見出し」を選択します。

※複数の離れた行を、一度に見出しにしたい場合、Ctrlキーを押しながらドラッグで選択していきます。

「ホーム」タブの「スタイル」から「見出し1」を選択します。

ワード で 目次 を自動的に「スタイル」から設定する

すると、選択した文字のフォントサイズが変わりました。

次の操作では、上記の手順を繰り返す必要があります。例、中見出しを「見出し2」に設定して、小見出しを「見出し3」に設定します。

ワード でアウトラインメニューでレベルを設定する

ワード で 目次 を自動的に作成するには、見出しのスタイル設定以外、レベルを設定もあります。すべての見出しにレベルを設定したら、 目次 を作成できます。

見出しにしたい行の前に、カーソルを入れます。

ワード で 目次 を自動的に設定

「参考資料」タブから「テキストの追加」をクリックします。

「テキストの追加」から「レベル1~レベル3」を選択してください。

ワード で 目次 を作成する(自動的に)

目次 を作成したいところにカーソルを置きます。

「参考資料」タブの「目次」をクリックします。

「 目次 」の組み込みから 目次 を選択します。ここで、「自動作成の目次2」を選択しました。

すると、目次 が作成されました。

ワード で 目次 を手動的に作成

ワード で 目次 を手動で設定手順は、以下の通りです。

「参考資料」タブの「目次」から「手動作成目次」を選択します。

ワード で 目次 を手動的に作成

すると、目次 が作成され、「章のタイトルを入力してください」をクリックして、タイトルを入力します。

ワード で 目次 を手動的に作成した後、スタイルを入力

後ろの番号をクリックと、変更できます。

ワード で 目次 を更新する

目次 を 作成 した後で、新たな内容を追加、削除した場合、目次を更新する必要があります。

新たな内容を追加した後、作成した目次をクリックして、「目次の更新」をクリックします。

ワード で 目次 を更新する

「 目次 の更新」ダイアログが表示され、「 目次 をすべて更新する」を選択して、「OK」をクリックします。

すると、目次 が更新されました。

ワード で 目次 が更新された

または、「参考資料」→「目次」の「目次の更新」から操作できます。

ワード で 目次 を削除する

ワード で 作成 した 目次 を削除したいには、「参考資料」→「目次」→「目次 の削除」の順でクリックします。

ワード で 目次 を削除する

すると、目次 が削除されました。

ワード で 目次 が削除された

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、Word ( ワード )で 目次 を作成・更新。作成する方法を紹介しました。卒論やで悩んでいるや 目次 を作成したい方に参考すれば幸いです。

Word, 未分類

Posted by admin